金欠の乗り越え方と高額紙幣の思わぬ効果

私の金欠の乗り越え方ですが、まずは自分の資産でなんとかできるように考えます。

具体的には、金融資産以外の物に着目し、不用品の売却などを考えます。

物によってですが、思わぬ高値で売れることもよくあります。

使っていない家電、小物は結構高く売れることもあります。

私の経験では、ソファが5000円、時計が5000円の金額がつきました。

日々の節約方法としては、できるだけ高額な現金を持ち歩かないようにします。

たまたま欲しい物に出会った時も、持ち合わせがなければ衝動買いすることもなくなります。

あとは、なるべく高額紙幣を持つようにしています。

1万円札を1枚持つのと、千円札を10枚持つのでは、同じ金額を持ち歩くことに変わりませんが、マインドが変わります。

私個人の話ですが、なるべく高額紙幣は崩したくないので、買い物するときも硬貨だけで済むように、節約意識が働きます。

あと100円超えたら、1万円札を崩さないといけないという風になると、自然にブレーキがかかります。

それがもし、千円札だったとしたら、そのブレーキがかなり弱くなってしまいます。

なので、千円札10枚よりは五千円札2枚、五千円札2枚よりは、一万円札とより高額紙幣を持つように心がけていますし、ATMでお金をおろす時もそうなるように金額を工夫しています。

カードローン審査 在籍確認 なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です