雪崩に巻き込まれた高校生たちについて

高校生が学校の先生とともに、雪崩に巻き込まれたというニュースがありました。私は教員免許を所持しているため、このニュースには非常に関心が高いです。高校生が、冬の雪山に行くというのは、辞めたほうが良いと思います。引率の先生も、雪山に行くのは、慣れていない方だったとニュースでみましたが、先生とはいえ、慣れていない人が引率するのは、難しいと思います。わざわざ、命の危険がある中でやる必要はないと思います。何かあった時に、責任がとれないと思います。顧問といっても、命の危険がある中で働くのは無理があります。そのため、もしも、これを継続するなら、学校の先生に引率させるのではなく、専門の方を呼ぶべきです。専門の方を呼ぶのには、もちろん予算がかかります。予算をつけるべきであり、予算をつけることができないならば、冬の山に登る必要はないと思います。学校の先生は、授業が主な仕事であり、さまざまな雑務に追われています。負担の軽減をしなければ、このような事故は起きてしまいます。起こるべくして起きた事故のように思います。教育にはもっと予算を確保すべきです。そうすることで、未来ある若者の命が救えると思います。大人が協力して、子どもたちを守っていかなくてはならないのです。銀行カードローン 審査 甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です